ごあいさつ

ようこそ、雄峰高校Webページへ

 雄峰高校は、昭和12年に県立夜間中学として創立されたのが始まりです。昭和23年には富山県立雄峰高等学校と改称され、その後も幾多の変遷を経て今日に至っています。「雄峰」という校名は、立山の雄大さを校風にはっきりとした形で現し、働きながら学ぶ青少年たちに自信と誇りをもってやる気を高めてほしい思いから命名されたそうです。

 現在は、定時制課程・通信制課程を有する単位制高校に専攻科を加えた県立学校です。単位制とは、学年による授業の枠を設けず、決められた単位を修得すれば卒業が認められるシステムのことをいいます。そして、平成25年度に新築移転した学び舎では、落ち着いて学習ができる少人数授業、自分のペースで学べる学習計画、所属課程以外での単位修得など他の高校にはない魅力がいっぱいあります。なお、高校卒業資格があれば入学検査を受けて進学できる調理師養成課程を有する専攻科には、本校の卒業生が毎年10名程度進学しています。

 定時制課程には、昼間(Ⅰ部・Ⅱ部)、夜間があります。そして、同じ校舎内に併設されている富山県民生涯学習カレッジ富山地区センターと共同で、高校生と共に学ぶ「共学講座」を開講しています。学ぶ意欲旺盛な社会人の方々と一緒に授業を受けることで、お互いに切磋琢磨し合う良い関係が生まれています。

 県内唯一の県立の通信制課程では、働きながら高校卒業資格の取得を目指す人が多く学んでいます。単位修得にはスクーリングへの出席とレポート提出が基本となっています。また、生徒会活動、部活動、特別活動などを通して、さまざまな年齢・経歴を持った人たちと一緒に学校生活を楽しむことができます。

 専攻科は、県下唯一公立の調理師養成課程です。ホテルの厨房に匹敵する調理実習室が整備され、生徒たちは県内一流シェフの講師陣から手厚い指導を受けながら、将来立派な料理人になるための技術習得に日々頑張っています。

 どの課程も、みなさんの学ぶ意欲にこたえ「卒業後自立できる生徒」を育てるために、本校職員は日々の教育活動に尽力しています。本校は今年、創校80周年を迎えました。これを機にリニューアルした雄峰高校Webページをぜひご覧いただき、本校教育に対する一層のご理解、ご支援をいただければ幸いです。

                            校長 松 岡  等